あさひふれんど

2018.12.12

千葉市中学校新人卓球中央大会

 各校精鋭選手出揃いしのぎ削る

平成30年度千葉市中学校新人卓球中央大会が10月13日、中央区弁天の千葉公園体育館で行われた。

大会には団体戦は男女共に予選ブロックを勝ち抜いてきた8校と千葉市夏季市民卓球大会でのベスト8以上の8校の計16校が参加し、個人戦は予選ブロックを勝ち抜いてきた32人と千葉市中学校総体で好成績を残したシード選手2人の計34人が参加した。

 団体戦決勝は男女共に緑区対決となった。男子団体戦では千葉市夏季市民卓球大会に続き同じカードの試合になった。おゆみ野南が圧巻の強さを見せ、誉田に3―0で勝利し優勝を飾った。
女子団体戦はおゆみ野南と有吉が決勝まで勝ち上がり、有吉が3―0で優勝を飾った。
また、決勝に駒を進めなかったベスト8以上の6校が県大会出場を賭けた2ndステージ(代表決定トーナメント)に進んだ。
男子は稲毛と幕張が県大会出場を決め、女子は生浜と稲毛が県大会(12月8日、成田市体育館)出場を決めた。
 
男子シングルスは千葉市中学校総体で優勝した七尾(有吉)、女子シングルスは同中学校総体で準優勝した梅津(有吉)が優勝を飾った。
 【男子団体】
 ◇準決勝 おゆみ野南3―1高洲一▽誉田3―2幕張
 ◇決 勝 おゆみ野南3―0誉田
 ◇2ndステージ準決勝 稲毛3―0高洲一▽幕張3―0松ヶ丘 ◇同決 勝 稲毛3―2幕張
 〈男子団体戦最終順位〉
①おゆみ野南②誉田③稲毛④幕張
 【女子団体】
 ◇準決勝 有吉3―1千葉大付▽おゆみ野南3―1幸町二
 ◇決 勝 有吉3―0おゆみ野南
 ◇2ndステージ準決勝 生浜3―0幸町二▽稲毛3―2千葉大付 ◇同決 勝 生浜3―2稲毛
 〈女子団体戦最終順位〉
①有吉②おゆみ野南③生浜④稲毛
 【男子シングルス】
 ◇準決勝
七尾(有吉)3―0五野(蘇我)▽歌田(千城台南)3―0久保木(星久喜)
 ◇決 勝
七  尾 3―0 歌  田
 【女子シングルス】
 ◇準決勝
 梅津(有吉)3―0杉(生浜)▽小崎(蘇我)3―2武藤(生浜)
 ◇決 勝
梅  津 3―0 小  崎
 男子シングルス上位16人は12月9日、成田市体育館で行われる中学生新人大会に出場する。
 (千葉市中学校卓球専門部 誉田中 葛岡良貢)

2018.10.11

第60回千葉市民総体水泳技の部

水泳 

 

猛暑吹き飛ばし水しぶき
第60回千葉市民総体水泳技の部

 

大会新19を記録の熱泳

女子200M小456大住煌華(桜木小)背泳ぎでも優勝

男子200M40 新濱秀樹(市役所)大会新でV

 

 第60回千葉市民総体水泳競技の部が8月5日、中央区弁天の千葉公園プールで行われた。22の競泳で熱戦が展開され、19の大会新が誕生した。

 

【個人メドレー】

女子200M小456

①大住煌華(桜木小)2分45秒29

②田中美羽(高洲三小)

③本橋美代(千草台東小)

同中学

①松田一花(稲毛中)2分41秒49

②峯元苺花(緑町中)

③根井柑奈(山王中)

同高校

①根井侑菜(千葉明徳高)2分50秒68

②矢口陽菜(千葉北高)

同一般40

①佐藤陽子(REFINE)3分22秒55

 

男子200M小123

①佐藤哲識(上の台小)3分47秒73

②日色建四郎(千葉大付小)

同小456

①松田一志(小仲台南小)2分46秒73

②島田泰地(千草台南小)

③髙野晴斗(院内小)

同中学

①戸上真澄(幕張西中)2分21秒31

②白名海翔(みつわ台中)

③小寺亮輔(草野中)

同高校

①閑歳隼吉(千葉明徳高)2分22秒57

②川名龍心(同)

③林孝乃介(TEAM JAPON)

同一般

①谷川惇一(CIT)2分43秒73

同40

①新濱秀樹(市役所)2分48秒23=新

②黒須和也(JC─G)

③本間丈博(水夢千葉)

同50

①東城陽一郎3分19秒60=新

同60

①村山英史(稲毛ドルフィンズ)3分39秒46=新

 

【平泳ぎ】

女子50M小123

①斉藤そら(ヴェルディ)53秒07

②山﨑帆乃佳(同)

③横井菜央(同)

同小456

①田中美羽(高洲三小)42秒19

②田子茉里奈(HSC)

②大住煌華(桜木小)

同中学

①平野朝菜(千葉大付中)41秒55

②渋谷日菜(花園中)

③平嶋陽菜(打瀬中)

同高校

①村山七海(市稲毛高)41秒68

②竹林葵依(千葉北高)

③松本まどか(同)

30

①佐々木郁子(チームしげおーず)49秒99

同40

①片岡祥子39秒29=新

男子50M小123

①吉野壮真(小中台南小)52秒60

②園大澄(稲毛二小)

③前田航希(院内小)

同小456

①放生隼太朗(打瀬小)44秒02

②寺田空(磯辺三小)

③日色康士郎(千葉大付小)

同中学

①菅沼勇輝(打瀬中)37秒49

②倉谷直太朗(花園中)

③菅慎広(打瀬中)

同高校

①木村圭佑(千葉明徳高)33秒48

②河野海斗(千葉工高)

③岸遼哉(千葉北高)

同一般

①石久保宏平(INA─SUI)35秒00

②永田健(チーム千葉)

③谷川惇(CIT)

同40

①新濱秀樹(市役所)35秒75

②佐藤宣成(REFINE)

③田中俊司(アトモス)

同50

①嵯峨山健(ALONE)48秒08

②高橋浩一(千葉SC)

同60

①土屋佳照(こてはし健康クラブ)52秒40

②加賀敏雄

③伊坪道徳(こてはしSC)

女子100M中学

①平野朝菜(千葉大付小)1分31秒60

②平嶋陽菜(打瀬中)

③佐々木里桜(同)

高校

①松本まどか(千葉北高)1分33秒97

②興津亜海(同)

③三浦彩薫(市稲毛高)

同一般

①関谷唯1分26秒66=新

男子100M

中学

①幸地克樹(渋谷幕張中)1分20秒83

②武田知士(同)

③倉谷直太朗(花園中)

高校

①河野海斗(千葉工高)1分22秒34

②佐々木日向(県千葉高)

③蒲谷龍希(市稲毛高)

同一般

①藤澤隆次(蘇我中教員)1分37秒75

②高橋浩一(千葉SC)

③小林弘幸

 

【背泳ぎ】

女子50M小123

①松岡愛莉(ヴェルディ)52秒32

②守屋千優(同)

③田沼実帆(小中台小)

同小456

①大住煌華(桜木小)37秒23

②大沢陽香(おゆみ野南小)

③本橋美代(千草台東小)

同中学

①菅野陽南子(MIHARUNO)33秒28

②横山愛優美(みつわ台中)

③内藤かれん(渋谷幕張中)

同40

①佐藤陽子(REFINE)44秒34=新

男子50M小123

①岩崎創(ヴェルディ)51秒31

②前田航希(院内小)

③小林玄(宮野木小)

同小456

①松田一志(小仲台南小)36秒94

②植木駿(千葉大付小)

③島田泰地(千草台東小)

同中学

①須之内太陽(千葉大付中)35秒13

②玉井陽貴(渋谷幕張中)

③山﨑慶太郎(同)

同高校

①小川秀斗(千葉北高)34秒23

②井上雄貴(市稲毛高)

③山下楊ノ介(千葉北高)

同一般

①佐久間僚平(TSC)31秒23

②戸辺慎也(JC─G)

同30

①佐藤和樹(TEAM JAPON)32秒03

同40

①黒須和也(JC─G)32秒54=新

②小林弘幸

同50

①塩飽隆之(こてはしSC)40秒46

同60

①田中定(こてはし健康クラブ)58秒30

女子100M中学

①大沢怜(おゆみ野南中)1分13秒67

②関田紗也花(渋谷幕張)

③笹川実鈴(高洲二中)

男子100M中学

①川原颯佑(千葉大付中)1分10秒17

②白名海翔(みつわ台中)

③玉井陽貴(渋谷幕張中)

同高校

①丸川雅弘1分23秒41

②井上雄貴(市稲毛高)

同一般

①戸辺慎也(JC─G)1分26秒76

 

【自由形】

女子50M小123

①山﨑帆乃佳(ヴェルディ)38秒31

②斉藤そら(同)

③守屋千優(同)

同小456

①阪井彩智(園生小)30秒88

②大住煌華(桜木小)

③戸上あいみ(幕張西小)

同中学

①菅野陽南子(MIHARUNO)30秒05

②大沢怜(おゆみ野南中)

③里﨑莉帆(稲毛中)

同高校

①小﨑あみ(千葉北高)30秒76

②村山七海(市稲毛高)

③矢口陽菜(千葉北高)

同一般

①関谷唯31秒75

②山谷真由(MSS)

③逸見里帆(同)

同40

①片岡祥子31秒20=新

男子50M小123

①佐藤哲識(上の台小)41秒23

②園大澄(稲毛二小)

③吉野壮真(小中台南小)

同小456

①島田泰地(千草台東小)31秒07

②尾崎大和(稲丘小)

③小林空(宮野木小)

同中学

①戸上真澄(幕張西中)27秒22

②河野湧希(おゆみ野南中)

③幸地克樹(渋谷幕張中)

同高校

①多田健太郎(千葉北高)26秒30

②林孝乃介(TEAM JAPON)

③大木天馬(千葉明徳高)

同一般

①大枝幹(チーム千葉)24秒68=新

②落合遼(TSC)

③永田健(チーム千葉)

同30

①佐久本翔(市役所)26秒74

②澤田石賢(市稲毛高教員)

③佐藤和樹(TEAM JAPON)

同40

①瀧本英樹(市役所)28秒66

②長島哲治(同)

③小泉智幸(チームドルフィン)

同50

①川代哲夫31秒68

②東城陽一郎

②嵯峨山健(ALONE)

同60

①高橋秀夫(千葉市水泳協会)33秒54

②三浦光三(こてはしSC)

③角名智夫(こてはし健康クラブ)

女子100M中学

①峯元苺花(緑町中)1分05秒23

②里﨑莉帆(稲毛中)

③松本恋実(千葉大付中)

同高校

①小﨑あみ(千葉北高)1分09秒29

②佐塚穂乃香(市稲毛高)

③伊藤有美歩(県千葉高)

男子100M 中学

①河野湧希(おゆみ野南中)59秒01

②橋本紘介(千葉大付中)

③小寺亮輔(草野中)

同高校

①瀬川泰樹(TSC)56秒38

②川名龍心(千葉明徳高)

③牧野史弥(千葉北高)

同一般

①大枝幹(チーム千葉)54秒99=新

②落合遼(TSC)

③佐藤和樹(TEAM JAPON)

 

【バタフライ】

女子50M小123

①斉藤そら(ヴェルディ)46秒27

②松岡愛莉(同)

③山﨑帆乃佳(同)

小456

①大住煌華(桜木小)33秒63

②阪井彩智(園生小)

③大沢陽香(おゆみ野南小)

同中学

①大沢怜(おゆみ野南中)31秒35

②菅野陽南子(MIHARUNO)

③横山愛優美(みつわ台中)

同高校

①吉田莉来(千葉明徳高)32秒68

②根井侑菜(同)

③浅田千裕(千葉北高)

男子50M小123年

①佐藤響己(轟町小)48秒95

②佐藤哲識(上の台小)

③前田航希(院内小)

同小456

①寺田空(磯辺三小)36秒51

②小林空(宮野木小)

③鈴木駿(登戸小)

同中学

①河野湧希(おゆみ野南中)28秒32

②鈴木聖也(渋谷幕張中)

③白名海翔(みつわ台中)

同高校

①原口柊斗27秒35=新

②多田健太郎(千葉北高)

③閑歳隼吉(千葉明徳高)

同一般

①田中諒也(ヴェルディ)26秒50=新

②小野寺悠祐(INA─SUI)

③北島啓喜(アトモス)

同30

①佐久本翔(市役所)29秒83

同40

①瀧本英樹(市役所)31秒44=新

②長島哲治(同)

③櫻庭崇文(MSS)

同60

①赤津忠(千葉SC)50秒48

女子100M中学

①大沢怜(おゆみ野南中)1分11秒15

②松田一花(稲毛中)

③松本恋実(千葉大付中)

同高校

①吉田莉来(千葉明徳高)1分14秒38

②浅田千裕(千葉北高)

③加藤優季(市稲毛高)

男子100m中学

①河野湧希(おゆみ野南中)1分00秒85=新

②戸上真澄(幕張西中)

③白石海翔(みつわ台中)

同高校

①木村圭佑(千葉明徳高)58秒13=新

②原口柊斗

③牧野史弥(千葉北高)

同一般

①田中諒也(ヴェルディ)58秒94=新

②小林弘幸

 

【リレー】

女子200m小123

①VERDI2分51秒54

②ペンペンガールズ

同小456

①園生ガールズ2分42秒57

同中学

①のびしろがーる2分04秒94

②打瀬中

③渋谷幕張S

同高校

①千葉北高A2分08秒16

②千葉北高B

③千葉北高C

同一般

①2018まくすい2分25秒63

男子200M小123

①ペンペンボーイズ1 2分59秒90

②ペンペンボーイズ2]

同小456

①超男チョウナンズ2分14秒48

同中学

①千葉大付中1分58秒27

②渋谷幕張3年③みつわ台中

同高校

①千葉北高A1分49秒70

②千葉明徳高

③県千葉高A

同一般

①TSC1分42秒19=新

②CIT

③2018まくすい

同30

①市役所1分51秒13=新

同40

①水夢千葉1分59秒68

同50

①こてはしSC2分26秒69

同60

①こてはし健康クラブ3分01秒42

【メドレーリレー】

女子200M小123

①ペンペンガールズ3分35秒39

同中学

①のびしろがーる2分23秒75

②打瀬中

③渋谷幕張S

同高校

①千葉北高A2分25秒56

②千葉北高B

③市稲毛高

同一般

①2018まくすい2分50秒52

男子200M小123

①ペンペンボーイズ1 3分28秒05

②ペンペンボーイズ2

同小456

①超男チョウナンズ2分41秒58

同中学

①千葉大付中2分16秒15

②打瀬中A

③蘇我中A

同高校

①千葉明徳高1分59秒46

②千葉北高A

③県千葉高A

同一般

①TSC1分55秒25

②CIT

③2018まくすい

同30

①市役所2分08秒27=新

同40

①水夢千葉2分16秒87

同50

①こてはしSC3分15秒39

2018.10.11

千葉レディースソフトテニス

 

 

千葉市レディースソフトテニス協会普及委員会恒例夏期講習
初心者ら70人が参加  

 千葉市レディースソフトテニス協会普及委員会による恒例の夏期講習会が照りつける真夏の太陽のもと開催された。

 ソフトテニス初心者の皆さんを含めて70人近い参加があった。

 講習会では初心者、ほんわか、スパルタの3ブロックに分かれて、ブロックネーミング通りの指導を行った。

 暑いなかではあったが体調をくずす人もなく一日を乗り切った。

 一日だけの講習ではあったが今後の大会に向けて練習の課題、仕方を考えたりなどと、内容の濃い講習会であった。

 

(千葉市レディースソフトテニス協会副会長 今西敏子)

2018.10.11

第70回千葉市民総体バスケットボール

 タートルズ

男子優勝の稲毛タートルズ

 

 

Drif

女子優勝のDRIF

 

女子DRIF気迫の優勝

11大会ぶりに市長杯奪回

男子稲毛タートルズがV

 

 平成30年度最初の大会となる第70回千葉市民総合体育大会バスケットボールが5月から7月にかけて中央区間屋町の千葉ポートアリーナなどを会場に開催され、男子52チーム、女子26チームが参加し、栄光の市長杯を目指して熱戦が繰り広げられた。

 男子は稲毛タートルズと相友会の戦いとなり、第1ピリオド一気に攻勢ををかけ11点のリードを奪った稲毛タートルズがその後の相友会の反撃を抑え、久々の優勝を飾った。

 女子は11大会連続優勝中のHi☆PICKを準決勝で破った初出場のピーナッツバターと11大会ぶりの優勝を目指すDRIFの戦いとなり、DRIFが第1ピリオドにリードを許すものの、第2ピリオド一気に逆転し、その後も安定した戦いを見せ、市長杯を手にした。

 

【男 子】

 ◇3回戦

BABY CHEESE 49─37 スティーラーズ

AFROS 72─39 JUNGLE GOTZ

稲毛タートルズ 59─43 不完璧主義

J ! NK 's  59─42 CHIBA TRIBES

JANGA 56─34 O・D・P

相友会 66─36 Goofies

グリンピース 61─49 TICS

黒技 70─43 Seagulls

 ◇準々決勝

AFROS 58─39 BABY CHEESE

稲毛タートルズ 58─50 J ! NK 's

相友会 46─40 あじ芳

黒技 48─39 グリーンピース 

 

 ◇準決勝

稲毛タートルズ 60─50 AFROS

相友会 77─51 黒技 

 ◇決 勝

稲毛タートルズ  60(17―6 11―10 16―12 16―11)39相友会

 

【女 子】

 ◇2回戦

Hi☆PICK 64─31 HMR

un☆un 48─42 H・C・K

ピーナッツバター 64─15 フレンズ

WHITE CHOCOLATE 55─37 Eleven

AQUA 39─33 Idiot

千葉デンタル 40─34 Wednesday

RAFFY 50─30 ケイジャーズ

DRIF 61─41 JEWEL

 

 ◇準々決勝

Hi☆PICK 56─26 un☆un

ピーナッツバター 58─35 WHITE CHOCOLATE

AQUA 49─35 千葉デンタル

DRIF 43─35 RAFFY

 

 ◇準決勝

ピーナッツバター 44─39 Hi☆PICK

DRIF 46─33 AQUA

 

 ◇決 勝

DRIF 40(7―11 15―2 9―9 9―0)22 ピーナッツバター 

 (千葉市バスケットボール協会 岡田裕二)

2018.10.11

平成30年度千葉市ソフトテニス選手権

 ソフトテニス

 
総勢92ペア参加で快音響かせる

 

一般女子宮原・杉原ペア栄冠手に

一般男子 大竹・戸田ペア優勝

シニア45男子 加納・藤沼ペア、同女子 池田・山田ペアV

 千葉市ソフトテニス協会による平成30年度千葉市選手権が台風12号が通過した翌日の7月29日、中央区青葉の森スポーツプラザ・テニスコートで行われた。高校生を含む一般男子、同女子、シニア45男子、同女子の総勢92ペアが参加、熱い戦いが繰り広げられた。

 一般男子は大竹・戸田ペア(JR東日本・蘇我ミクス)▽一般女子は宮原・杉谷ペア(千葉商業高)、シニア45男子は加納・藤沼ペア(千葉市民クラブ)、シニア45女子は池田・山田ペア(幸町・花見川)がそれぞれ優勝に輝いた。

 (千葉市ソフトテニス協会 桜井みどり)

  

 

【一般男子】 

決勝トーナメント

1回戦

大竹・戸田ペア(JR東日本・蘇我ミクス)4─1中野・木戸ペア(こてはし台クラブ)

岸・須貝ペア(千葉商業高)4─0栗原・村川ペア(千葉南高)

吉野・池上ペア(千葉商業高)4─2関根・高山ペア(千葉商業高)

小野・田中ペア(千葉・蘇我ミクス)4─3篠原・磯谷ペア(千葉商業高)

 

2回戦

大竹・戸田ペア4─1山田・百瀬ペア(千葉商業高)

須田・深谷ペア(こてはし台クラブ)4─1岸・須貝ペア

吉野・池上ペア4─2城福・松戸ペア(こてはし台クラブ)

西川・白井ペア(千葉南高)4─2小野・田中ペア

 

準決勝

大竹・戸田ペア4─1須田・深谷ペア

吉野・池上ペア4─1西川・白井ペア 

 

決勝 

大竹・戸田ペア4─1吉野・池上ペア

 

【シニア男子45】

決勝 

加納・藤沼ペア(千葉市民クラブ)4─1藤崎・秋元ペア(千葉市民クラブ)

 

【一般女子】

3回戦

宮原・杉谷ペア(千葉商業高)4─1内田・金田ペア(千葉女子高)

田邊・鈴木ペア(千葉北高)4─1永瀬・太田ペア(千葉商業高)

馬場・倉田ペア(千葉南高)4─0粟飯原・志賀ペア(若松高)

小室・子安ペア(千葉女子高)4─1小山・瀬戸ペア(千葉北高)

加藤・中村ペア(千葉商業高)4─3藤原・永迫ペア(千葉商業高)

小椎尾・西堀ペア(県千葉高)4─1北・横手ペア(市稲毛高)

木下・在原ペア(千葉女子高)4─3飯 𠮷(吉の士が土) ・森田ペア(県千葉高)

中村・根本ペア(千葉商業高)4─0床枝・瀬戸山ペア(千葉南高)

 

準々決勝

宮原・杉谷ペア4─2田邉・鈴木ペア

馬場・倉田ペア4─0小室・子安ペア

加藤・中村ペア4─3小椎尾・西堀ペア

中村・根本ペア4─1木下・在原ペア

 

準決勝

宮原・杉谷ペア4─2馬場・倉田ペア

加藤・中村ペア4─0中村・根本ペア

 

決勝

宮原・杉谷ペア4─3加藤・中村ペア

 

【シニア女子45】

優勝=池田・山田ペア(幸町・花見川)4勝

準優勝=榑松・佐々木ペア(花見川・ふたば)3勝1敗

2018.10.10

第6回花見川区長杯少年野球交流大会

 

 
花園ライオンズ連覇を達成
3投手軸に強力打線さく裂
ツインズ・柏井善戦及ばず
 
 第6回となった花見川区長杯少年野球交流大会決勝が8月19日、稲毛区のスマートコミュニティ球場で行われ、花園ライオンズがツインズ・柏井をやぶって連覇を達成した。
    同大会は沖縄県の招待チーム「コザタイガース」を含む8チームが、トーナメントで熱戦を繰り広げた。
 今シーズンの花園ライオンズは安定したチーム力を誇り第25回花見川少年軟式野球連盟春季大会、夏季大会を制覇し、これが3度目の優勝だ。工藤将祐、角田大河、森大輔の3投手を軸に、上下ムラのない打線は威力がある。
 
 工藤晃弘監督は「選手のがんばりで優勝できました。秋の市(第42回会中央大会)、花見川区連秋季大会も全力で頑張ります」と抱負を語っている。
 

1回戦
宮野木ビーバーズ7─5検見川クラブ
ツインズ・柏井4─2千城台ツインズ
花園ライオンズ7─0コザタイガース
幕張昆陽クラブ21─6千葉ドリームガールズ

準決勝
ツインズ・柏井 9-4 宮野木ビーバーズ
 
幕張昆陽クラブ0000000|0
花園ライオンズ000300X|3
   
バッテリー=岡本和真、根木杜弥─大松煌汰(幕) 角田大河、工藤将祐─長谷川知樹(花)
3塁打=森大輔(花)
2塁打=角田大河(花)
 
投手戦でスタートし、両チーム3回まで無四球。昆陽クは3回まで打者10人。安打は6番米倉龍聖の左前打1本。3つの三振を奪われ残塁はゼロ。花園は打者11人で安打は5番石井敢大だけ。残塁1で、奪われた三振は2つ。
 
 試合が動いたのは4回裏。花園は連続四球に足をからめてチャンスをつかみ、5番石井、6番長谷川知樹を1、3塁に、7番森が初球を右翼へ先制2点3塁打を放ち、森もワイルドピッチでホームインした。花園は5回裏も2死後、4番角田が左越2塁打を放ち後続の四球で満塁としたが得点はできなかった。
 
 一方、昆陽クは4回表、先頭2番根木が右前打。盗塁も決めたが後続を9球で断たれた。5回表も先頭6番米倉が中前打、6回には打順が2巡。
 
 1番高橋陽が左前打、4番大松が中前打、7回は先頭6番米倉中前打(米倉は3打数3安打)を放ち、いずれも2、3塁へ走者を進めながら、ホームが遠かった。

決勝
ツインズ・柏井 200010|3
花園ライオンズ 23010X|6
 
バッテリー亀石大斗─島原雅治(ツ・柏井) 工藤将祐、森大輔─長谷川知樹(花)
3塁打=島原雅治(ツ・柏井)
2塁打=島原雅治(ツ・柏井)森大輔2本、角田大河(花)
 
  春季大会いらい安定した戦力で、パワフルな試合を続ける花園は2塁打3本を含む12長短打を放ち、今シーズン3度目の優勝を飾った。立ち上がりはツインズ・柏井も絶好調だった。1回表、1番島原が左越2塁打。2番星空輝が四球をえらび、1死後4番阿部寿斗、5番小瀧類が連続適時打を左前へ放ち2点を先取。
 
 花園はその裏「お返し」とばかり1番内藤龍大が中前打し、3番森の左中間2塁打、4番角田の右中間2塁打の長打で同点とした。さらに2回裏1死後、8番福泉敦史が左前打、9番坂本龍之介はショートを破り、1番内藤四球で満塁として2番相馬陽翔、3番森の連続適時打で3点を加えてリードした。
 
 4回裏には3番森の2塁打、4番角田の右前打、5石井敢大右前打、6番長谷川の右前打で6点目をあげ、なお2死満塁と攻めたが得点はここまでだった。森は長打2本の3打数3安打。
 
 2回裏、逆転を許したツインズ・柏井は急に元気がしぼみ、追撃の糸口がつかめなかったが、5回表、右前打の9番滝沢蒼を1番島原の初球右越3塁打でホームに迎えて意地を見せた。花園の強力打線は見事だったが、先発工藤も2回表を打者3人で締め、マウンドを森に譲った。その森は期待に応え4イニングを57球、打者16人。長短打各1本を許したが6奪三振。1四球の好投を見せた。

2018.10.05

平成30年度千葉市中学校総体卓球

卓球

団体戦有吉中(男子)おゆみ野南中(女子)優勝

男子単七尾(有吉)女子単工藤(千城台南)初V

男子小中台中女子有吉中県大会へ

 平成30年度千葉市中学校総体卓球の部が7月21日から24日まで、緑区古市場公園体育館、中央区問屋町の千葉ポートアリーナなど5か所の会場で行われた。
 男子団体戦は有吉中が圧巻の強さを見せ、星久喜中に3─0で勝利し優勝を飾った。女子団体戦はおゆみ野南中と星久喜中が決勝まで勝ち上がり、千葉市春季卓球大会優勝校のおゆみ野南中が星久喜中に3─1で勝利した。
 また、県大会出場を賭けた2ndステージ(代表決定トーナメント)では、男子は小中台中が松ヶ丘中に3─0で勝利、県大会出場を決めた。女子は有吉中が打瀬中に3─0で勝利し県大会出場を決めた。
 男子シングルスは七尾(有吉)、女子は工藤(千城台南)がともに初勝利。男子ダブルスは黒岩・渡辺組(千葉大付)、女子ダブルスは堀越・古川組(幸町二)が優勝を飾った。
 (千葉市中学卓球専門部 葛岡良貢)
【男子団体】
 ◇準決勝 有吉中3─2小中台中▽星久喜中3─1稲毛中
 ◇決 勝 有吉中3─0星久喜中
 ◇2ndステージ(代表決定トーナメント)決勝 小中台中3─0松ヶ丘中
 
【女子団体】
 ◇準決勝 おゆみ野南中3─2幸町二中▽星久喜中3─2有吉中
 ◇決 勝 おゆみ野南中3─1星久喜中
 ◇2ndステージ(代表決定トーナメント)決勝戦 有吉中3─0打瀬中
 (男子団体上位3校は県大会に出場)
 
【男子シングルス】
 ◇準決勝 七尾(有吉)3─0佐藤(小中台)▽久保木(星久喜)3─1齋藤(幕張西)
 ◇決 勝 七尾3─0久保木
 
【女子シングルス】
 ◇準決勝 工藤(千城台南)3─0大森(高洲一)▽梅津(有吉)3─1宮内(生浜)
 ◇決 勝 工藤3─0梅津
 (男子シングルス上位12人は県大会に出場)
 
【男子ダブルス】
①黒岩・渡辺組(千葉大付)
②石井・三田村組(小中台)
③須賀伊・高橋組(有吉)
④鴇田・山本組(小中台)
 
【女子ダブルス】
①堀越・古川組(幸町二)
②二谷・難波組(稲毛)
③森田・高久組(草野)
④鈴木・瀬戸組(千葉大付)
(男女ダブルス上位2組は県大会に出場)

2018.10.03

平成30年度千葉市中学校総体サッカー

 中学生総体サッカー

 

渋谷幕張中、激戦を制しV
前半高畠陏裕がビッグセーブ
千城台南など県大会へ5校
 
 平成30年度千葉市中学校総体サッカー競技決勝が7月24日、若葉区中田スポーツセンター球技場で行われた。
 57チームが熱戦を繰り広げた大会決勝は渋谷幕張中と千城台南中の間で争われ、渋谷幕張中が2─1で優勝を飾った。
 県大会には渋谷幕張、千城台南、幸町二、蘇我、若松の上位5校が出場、千城台南中は準決勝で敗れ3位だった。
 
 
決勝
渋谷幕張中 2(2―10―0)1千城台南中
 
 
 今年の千葉市のサッカーを引っ張ってきた両チームが決勝で顔を合わせた。
 酷暑の中、連戦を戦ってきたので、お互いに疲労が感じられるが、序盤は渋谷幕張が攻撃を仕掛ける。
 前半2分、渋谷幕張のコーナーキックから千城台南のGK⑫村田彩斗が弾き出したボールを渋谷幕張⑩山口駿がミドルシュートを放つもゴールを外れてしまう。
 続けざまの4分には渋谷幕張⑨北條智朗が右サイドを突破すると、クロスボールに⑤伊藤大世がゴールに流し込み、渋谷幕張が早々に先制する。
 渋谷幕張は⑩山口を起点に、速いボール回しから相手陣地深くまで攻め込み、チャンスをつくる。
 
 千城台南も⑨三宅敏明のポストプレーから⑪寺田裕紀 <27> 間島尊 <21> 猪野歩希が絡み攻撃の糸口を見つける。
 前半14分、渋谷幕張DFのボールを <21> 猪野が奪うと、そのままゴールに流し込みクーリングブレイク直前に千城台南が同点に追いつく。
 その後も千城台南は渋谷幕張のコーナーキックを跳ね返し、素早いカウンターを仕掛ける。
 GKと1対1のシーンをつくるが、渋谷幕張①高畠郁裕のビッグセーブでピンチを切り抜ける。
 その直後、渋谷幕張は右サイドを突破し、クロスボールを上げると、千城台南DFのハンドを誘いPKを獲得。
 1度はGKに止められるも、渋谷幕張⑧高根照太が決め、2─1として前半を終える。
 後半に入り、お互いに相手ゴールまで近づくが、両チームともしっかりと守備をし、均衡した戦いが続く。
 後半18分過ぎ、千城台南⑨三宅 <39> 宮里真生から最後の猛攻を仕掛けるも渋谷幕張DFが粘り強く跳ね返し、そのまま試合終了。
 2─1で渋谷幕張が今年の千葉市王者となった。
(幕張西中 後藤洋平)
 
 
1回戦
千草台1─0末広
土気南1─0幕張本郷
幸町一2─0大宮
おゆみ野南7─1県千葉
誉田0─0、PK4─3泉谷
こてはし台0─0、PK5─4磯辺
真砂1─0生浜
轟町0─0、PK5─4貝塚
高浜6─0千葉明徳
緑が丘3─0越智
大椎1─0幕張西
天戸0─0、PK4─2緑町
椿森2─1加曽利
星久喜2─0さつきが丘
打瀬6─1白井
千城台西2─2、PK5─4葛城
花園8─0犢橋
昭和秀英4─0花見川
新宿5─2高洲二
有吉5─0草野
松ケ丘6─0稲毛付属
みつわ台3─0都賀
山王2─1千葉大付
高洲一♯─0千葉朝鮮
小中台5─2幕張
 
2回戦
渋谷幕張4─0千草台
土気南1─1、PK4─2幸町一
誉田1─1、PK5─4おゆみ野南
真砂4─1こてはし台
轟町0─0、PK6─5稲毛
緑が丘3─0高浜
天戸2─1大椎
幸町二2─0椿森
千城台南13─0星久喜
千城台西2─2、PK4─2打瀬
花園0─0、PK4─3昭和秀英
若松4─1新宿
朝日ヶ丘7─1有吉
みつわ台2─2、PK5─4松ケ丘
高洲一5─0山王
蘇我1─0小中台
 
3回戦
渋谷幕張2─0土気南
真砂1─0誉田
緑が丘5─1轟町
幸町二5─0天戸
千城台南1─0千城台西
若松0─0、PK4─3花園
みつわ台2─2、PK7─6朝日ヶ丘
蘇我2─1高洲一
 
準々決勝
渋谷幕張1─0真砂
幸町二6─0緑が丘
千城台南3─0若松
蘇我2─1みつわ台
 
準決勝
渋谷幕張 2─1 幸 町 二
千城台南 2─1 蘇  我
 
5位決定戦
真砂1─1、PK4─1緑が丘
若松1─0みつわ台
若  松 2─0 真  砂

2018.07.31

第80回千葉市ミニバスケットボール交歓大会女子決勝

星久喜MBC”高さ”で見事優勝
いずれも劣らぬ熱線展開 西小中台あと一歩叶わず涙


女子決勝で対戦する星久喜MBCー西小中台FB

 第80回千葉市ミニバスケットボール交歓大会女子決勝は、接戦を競り勝ってきた西小中台ファイアーバード(FB)と、久しぶりに決勝進出した星久喜MBCとの対戦となり、熱戦の末、星久喜が40-30で優勝に輝いた。

 3位は小中台MBC、若松MBC、ベスト8は山王MBC、北貝塚MBC、生浜MBC、小倉MBCだった。

◇決 勝 星久喜MBC 40(20―19 20―11)30 西小中台FB

スピードのある西小中台と高さのある星久喜の面白いカードである。1Q、ティップオフから星久喜ボール。開始早々、星久喜⑤相原が攻撃の起点となってドライブシュート、ミドルシュートを試みる。西小中台はそのドライブを止めることができずフリースローを与えてしまう。しかし、星久喜はそのフリースローを2本とも決めることができず点差は広がらない。西小中台④原はスピードのあるプレーで対抗する。リバウンドに飛び込み、ドライブからのシュートでファウルを誘う。視野が広く⑦早乙女⑧藤井にリードパスを出すが、あと一歩シュートまでつながらない。徐々に星久喜⑥佐藤⑧間山のドライブやインサイドのプレーが決まりだす。10-14、星久喜4点リードで1Q終了。
 
2Q、西小中台ボールでスタート。⑤中根⑥清宮がパスをまわし、⑤中根のジャンプシュートがきれいに決まる。星久喜は⑨齋藤のエルボーからの高い打点のジャンプシュートが立て続けに2本決まった。西小中台⑤中根のミドルシュート、⑥清宮のフリースローで2点差に詰め寄る。あと一歩追いつきたい西小中台だが、星久喜の高さのあるDFに阻まれシュートがずれて決まらない。西小中台⑨田尻がボールサイドカットからのシュートでファウルをもらう。フリースローを決め1点差となった。残り1分で星久喜は⑫山口が、西小中台⑥清宮がリバウンドシュートをねじ込み、なお1点差。一進一退の攻防が続き、19-20星久喜リードで前半戦終了。
 
後半3Q、星久喜ボールでスタート。星久喜⑥佐藤のドライブシュートを決めるも、西小中台⑤中根がミドルシュートで入れ返す。星久喜⑤相原の攻撃は続き、星久喜⑥佐藤はリバウンドでフォローする。これ以上ファウルができない西小中台④原に対し、星久喜⑤佐藤は右ウイングからの1対1をしかける。④中澤⑧間山⑨齋藤がリバウンドに絡む。西小中台④原はリバウンドを取った後、攻撃への切り替えは非常に早い。西小中台は必至に食らいつくが、じわじわと離され25-34。星久喜9点のリードで3Q終了。
 
4Q、接戦ながら落ち着いてプレーしている星久喜④中澤がボールを運ぶ。星久喜⑧間山は自ら打ったシュートのリバウンドも飛び込む。⑥佐藤はゴール下のシュートを確実に決めた。西小中台⑦早乙女が強気のドライブインでフリースローを獲得、1本決めた。中盤、お互いドライブを仕掛けるもシュートが決まらず、点が動かない時間が来る。この均衡を破ったのは星久喜④中澤のドライブだ。ファウルをもらいフリースロー2本決めた。残り1分。西小中台④原⑤中根の中距離のシュートが決まったが、その点差は縮まることなく時間切れ。終始リードし続けた星久喜が40-30で見事な勝利を収めた。会場からは惜しみない拍手が鳴り響いた。
(千葉市バスケットボール協会 佐野 朋子)
女子優勝の星久喜MBC


◇準決勝1戦目 西小中台FB 30(11―11 19―10)21 若松MBC 

準決勝1戦目は西小中台FB-若松MBCとの対戦となった。1Q、タップから若松ボールでスタートするが得点できず。西小中台は④が自らカットインし得点。若松は⑥⑧を中心に攻め、西小中台は④を中心にオフェンスを組み立てるも両チームDFが厳しくなかなか得点が伸びない。残り1分45秒コミッショナーからの忠告を機に得点が動く。西小中台④が0度からカットインし得点、すかさず若松も⑥→⑤のパスワークから得点。両チームDFの頑張りが目立ち、西小中台が1点差をつけて7-6で1Q終了。
 
2Q、若松は④が⑦と連動しながら⑨のインサイドを絡めオフェンスを組み立て、⑦がシュートを決め加点していく。西小中台が⑤⑥を軸に攻め、⑤が得点するなど反撃するが、両チームともDFが粘り、得点が伸びない。特に中盤若松がDFの頑張りをみせ、西小中台から3回続けて30秒オーバータイムをとり接戦となった。11-11両者同点で前半戦終了。
 
3Q、両チームともDF意識が高く、守備の頑張りが目立つ入りとなった。若松は④のミドルシュートが決まり加点。すかさず西小中台は④→⑦→⑥→④のパスワークで加点し互いに譲らない。中盤に入り、リバウンドを西小中台に拾われ始め、速攻から西小中台④がカットインでシュートし得点。これが若松⑤のファウルを誘いファウルアウトに。以降、徐々に西小中台ペースで試合が動いていく。若松は④がミドルシュートを放ち得点を狙うが得点に結びつかない。西小中台がわずかにリードし17-15で最終Qへ。
 
4Q、若松ボールでスタート。序盤は両チームミドルシュートで得点を狙うが、なかなか決まらず得点が伸びない。西小中台は④からの連携プレーが生きてくる。3分過ぎには④自ら持ち込みレイアップシュートで加点。⑤もワンハンドシュートを決めるなど、徐々に西小中台ペースで試合が進んでいく。対する若松も④のミドルシュートが決め反撃するも、最後まで西小中台のDFを崩せず、30-21で終盤突き放した西小中台が決勝に進んだ。
(千葉市バスケットボール協会 岡田一三)


◇準決勝2戦目 星久喜MBC 40(22―14 18―14)28 小中台MBC
 準決勝2戦は星久喜と小中台の対戦。1Q、タップ、リタップから小中台ボールでスタート。小中台④がドライブシュートを続けざまに決め、得点。負けじと星久喜⑧もドライブシュートを決め、得点の取り合いとなった。中盤、星久喜は⑥⑧を使ったポストプレーで得点。小中台は④のミドルシュート、⑩のファウルをもらうドライブからのシュートで得点、星久喜2点リードで終了。
 
2Q、小中台は⑤を使ったドライブで攻めるがDFに止められる。星久喜は長身を活かしリバウンドからの得点を狙うが、DFがきつく得点に絡めない。やはり小中台⑤の1対1のドライブからシュート、星久喜④のドライブからのシュートが得点の主軸となる。後半、星久喜のポストにボールが入りだし得点。波に乗った星久喜は残り30秒、小中台⑤にダブルチームでミスを誘いターンオーバーで得点、点差広げて終了。
 
3Q、星久喜ボールでスタート、星久喜⑧⑥の高さのあるプレーで得点を継続、小中台⑤もスピード、力強さでボールをねじり取りウイークサイドの厳しいラインをドライブで切り込み、得点を返す。中盤、コミッショナーからの星久喜へのゾーン指摘が入り、両者DFを確認、再スタートした。両者得点が詰まらないまま3Q終了。
 
4Q、星久喜ボールでスタートし、④から⑧、⑧から⑤へリターンパスで得点。小中台は⑤④のドライブに頼るが、ゴールに嫌われる。星久喜⑧⑨のリバウンドからの展開で得点。小中台のスローインに対し星久喜の強い1線のDFに小中台がミスを連続、星久喜が3ゴール続けざまに得点し、点差がついてしまう。たまらず小中台はタイムアウトで流れを切る。その後、星久喜の高いリバウンドにファウル覚悟で飛び込む小中台。さらに④⑤が早いドライブから得点を返し、必死のDFを展開するがここでタイムアップ。小中台は星久喜の高さに対し必死に戦ったが、星久喜の決勝進出となった。
(千葉市バスケットボル協会 本間善一)


〈大会優秀選手女子〉

⑤相原澪(星久喜MBC)▽④原奈津美(西小中台ファイアーバード)▽⑤塩川夏々(小中台MBC)▽仲田ひかり(若松MBC) 

2018.07.31

第125回千葉市家庭婦人卓球大会 101チーム13ランクで熱線

 

Aの部 幸A、雪辱果たして2度目の優勝
Bの部 千葉クラブA、Aの部へ昇格

 拾いメーンアリーナいっぱいに卓球台を並べて熱戦を展開した

 
第125回千葉市家庭婦人卓球大会が6月14日、中央区問屋町の千葉ポートアリーナで開催された。年3回催されている大規模な大会で、Aの部からMの部までの13ランクに101チームが参加、日ごろの練習の成果を競い合った。Aの部決勝は前回大会と同じ優勝した青野クラブAと幸Aの対戦となり、幸Aが3─0で雪辱、2度目の優勝を飾った。

【Aの部】
◇決 勝
幸A 3-0 青野クラブA  
目原 3-0 砂川
中屋 3-1 田中
水橋
白井 3-0 砂川
庭山
白井  ──  島田
永見  ──  瀬下
 (2度目の優勝本当にびっくりです。チームワークの良さが結果につながり、これからも頑張って練習に励みます 幸A)

【Bの部】
◇決 勝
千葉クラブA 3-1 T・M・C(A)
渡辺 0-3 山本
角田 3-0 浦部
角田
鈴木 3-0 山本
江良
才藤 3-0 久保木
小林 ──  斉藤
 (優勝できてうれしいです。力を合わせて戦うことが出来ました。井上先生、チームの皆さんのご指導と応援ありがとうございました 千葉クラブA)

【Cの部】
◇決 勝
エスポアールA 3-1 高洲TC(A) 
岡 2-3 植田
斎藤 3-1 内藤
松田
三橋 3-0 古川
月尾
武井 3-1 月尾
松田 ──  大川
 (全員卓球で頑張りました。思いがけず決勝で勝つことが出来ました。これからも一致団結して練習に励みます エスポアールA)

【Dの部】
◇決 勝
幸C 3-1 レインボー   
三橋 0-3 大金
佐近 3-0 山田
佐近
坪川 3-1 大金
富山
鳥井原 3-0 石塚
福永  ──  高橋
(チーム一丸となって頑張り、Cランクに戻ることが出来ました。また練習に励みます 幸C)

【Eの部】
◇決 勝
こざくらB 3-1 なごみクラブ  
大工原 3-1 井口
中谷 0-3 門井
萩原
前澤 3-1 小山
門井
萩原 3-0 石塚
宮本 ──  今関
 (皆んなの気持ちが一つになって優勝できてうれしいです。初めてのDクラスです。これからも更に上を目指して頑張ります こざくらB)

【Fの部】
◇決 勝
幕張シェルB 3-1 エスポアールB 
奈良谷 棄 権 ――
角 2-3 林
饗場
藤田 3-0 小坂井
御子神
矢崎 3-2 大谷
饗場 ──  御子神
 (皆の力を合わせて頑張りました。思いがけず優勝出来て本当に良かったです 幕張シェルB一同)

【Gの部】
◇決 勝
まさごクラブB 3-2 T・M・C(B)
尾川 3-1 真木
戎本 3-0 石橋
三澤
戎本 1-3 石橋
豊田
柴中 0-3 田辺
進士 棄 権 中原
 (ありがとうございました。久しぶりの勝利をあじわいました。気分最高 まさごクラブ)

【Hの部】
◇決 勝
柏台クラブ 3-1 ミッキー
増渕 1-3 折原
宮崎 3-1 尾形
吉野
宮崎 3-2 長谷川
横井
田辺 3-2 長谷川
前田  ──  行本
 (あきらめずに、チーム一丸となって戦ったおかげです。昼も食べずに頑張りました。感謝 !  柏台クラブ)

【Iの部】
◇決 勝
SCTM 3-1 F・T・C(B)
吉野 3-0 丹
瀧澤 1-3 田中
立木
三井 3-0 本田
釣島
立木 3-0 恵濃
田辺  ──  釣島
 (勝てると思っていませんでしたが、皆で力を合わせて頑張りました SCTM)

【Jの部】
◇決 勝
スマッシュ卓球ク 3-0 オレンジ
小曽根 3-0 光地
槇尾 3-0 松下
槇尾
行宗 3-0 斉藤
松下
金  ──  樋口
小貫 ──  星野
 (チームの皆で力を合わせ勝たせていただきました。対戦相手のチームの方々も素晴らしかったです。ありがとうございました スマッシュ卓球クラブ)
 
【Kの部】
◇決 勝
ローズマリー 3-2 卓美会B
積田 3-2 上山
須藤 3-0 八塚
桑原
上原 0-3 八塚
西山
室岡 0-3 坂本
上原 3-1 照山
 (わあーい Kブロックで優勝だ !  故障者リストにのる様なメンバー5人で良く頑張ったと自分たちをほめたいです。また頑張るぞ !  ローズマリー)
 
【Lの部】
◇決 勝
あすみが丘B 3-2 ルピナスA   
森山 3-0 高崎
萩原 1-3 岡崎
石井
森山 3-0 中沢
大山
新井 0-3 遠藤
金子 3-1 大山
 (みんなで力を合わせてがんばりました。また一生懸命練習して勉強させていただきます。よろこんでいます あすみが丘卓球クラブ)

【Mの部】
◇決 勝
ぴんぽんず 3-0 花みずき
神崎 3-1 熊野
木村 3-0 山口
杉田
島村 3-0 熊野
鈴木
千葉  ──  篠田
島村  ──  鵜澤
 (初出場で緊張しましたがチームワークで勝利をつなぐ楽しさを知りました。また次回もよろしくお願い致します ぴんぽんず)
ページトップへ