カテゴリー

2018年12月

2018.12.12

第13回千葉市大森杯ミニバスケットボール大会

 

第13回千葉市大森杯ミニバスケットボール大会兼関東大会県予選会千葉支部選考会・女子決勝が10月8日、緑区扇田小体育館で行われ、星久喜MBCが生浜MBCを44―22で破り、春の交歓大会に続き優勝を飾った。3位は小中台MBC、若松MBCだった。

 ◇決 勝
星久喜MBC44(24―11 20─11)22生浜MBC 
 女子決勝のカードは春の交歓大会で優勝した星久喜MBC対試合巧者生浜MBCの対戦となり、中央区同士お互い手の内を知り尽くしたカードとなった.ゴール下に抜群の強みがある星久喜に対し、巧みなローリングハンズオフパスからシュートチャンスを狙う生浜がどのように攻めるか楽しみな対戦である。
 1Q、立ち上がり星久喜⑥佐藤のゴール下シュートで得点が動く。すかさず生浜④前田がジャンプシュートで対抗。その後サイズのある星久喜⑥佐藤にボールを集め、6─2リードを許したタイミングで生浜が早めにタイムアウトを取り、流れを変えようとベンチが動く。タイムアウト後も星久喜は攻撃の手を緩めず、⑤相原⑧間山が落ち着いてフリースローを2本決めてリードを広げる。生浜の攻撃の芽を星久喜が激しいDFにより抑えた結果、生浜を④前田の1ゴールと⑧片桐のフリースロー1本に抑え、16─3と星久喜リードで終了。
 2Q、生浜はガードポジション⑤篠田のドライブインシュートやフローターシュートで反撃を開始。その後も⑥白井や⑨湯浅のジャンプシュートなどで得点を重ねる。一方の星久喜は④中澤のミドルシュートや⑫山口、⑬坂本のジャンプシュートで対抗し、2Qは互角の展開となったが、1Qのリードが大きく前半24―11星久喜リードで終了。
 3Q、生浜のエース④前田がゴール下のシュートやファウルを誘ってフリースローを確実に決める。また、ロングシュートの精度も高く得点を重ね、一人で8得点を稼ぐ大活躍を見せる。星久喜は④中澤のミドルシュートや⑨齋藤のゴール下シュートで対抗、生浜の追撃を許さず30─19星久喜リードで最終Qへ。
 4Q、星久喜⑥佐藤、⑧間山⑨齋藤3人のフォワード陣がサイズを活かしてリバウンドを制し、シュートブロックも冴え、生浜は外からのシュートに頼らざるを得ない状況となる。星久喜は⑥佐藤のゴールを背にしたターンからのジャンプシュートや、⑤相原の速攻⑧間山のゴール下に鋭く切り込むシュートで得点を重ねる。生浜も最後まで懸命に戦い⑥白井のレイアップシュートや⑤篠田のフリースローで対抗するがゴールが遠く得点差が縮まらずゲーム終了。44―22で星久喜が優勝の栄誉を飾った。
(千葉市バスケットボール協会 芦ヶ谷 勝)

2018.12.12

第13回千葉市大森杯ミニバスケットボール大会

 

第13回千葉市大森杯ミニバスケットボール大会兼関東大会県予選会千葉支部選考会・決勝戦が男子は10月7日、女子は8日、緑区おゆみ野中央の扇田小体育館で行われた。男子決勝は院内MBCがAYAME KIDSを37―25で破り優勝した。3位は千葉レッドファルコンズ、千城北フェルターズだった。女子決勝は星久喜MBCが強さをみせ、生浜MBCに22点差をつけて頂点に立った。3位は小中台MBC、若松MBC。男女上位各4チームは関東大会県予選会に出場した。

 (女子戦績は次号で掲載し
ます)
 【男 子】
 ◇決 勝
院内MBC  37(21-15 16-10)25 AYAMEK
 男子決勝は春の交歓大会と同じカード、院内とAYAME KIDSの対戦となった。
 先制点はAYAME⑥宮野のミドルシュート。すぐ院内⑦猪口がドライブイン。⑤井口のミドルシュートが決まり2―2。お互いスタートから相手の動きを封じ加点を許さない。AYAMEはインサイドにボールが入らず、ミドルを打つ。院内は堅いDFからリバウンドをとり、⑤井口が力強いステップインを決めた。その後も院内は逆サイドまでワイドにボールをまわして⑦猪口がミドルシュート。⑥安山がリバウンドシュートを決めた。AYAME⑦串田がドライブインを決め7―4。院内3点リードで1Q終了。
 2Q、院内⑩村上がローポストで振り返り、高い打点のジャンプシュートが決まった。AYAME⑩近藤もロングシュートを決め9―6。院内④清水のドライブが決まれば、AYAME⑬露崎がロングシュートを決め点を返す。続けて④西丸がウィークサイドを攻めたドライブインを決め、さらにファウルをもらう。フリースローも決め2点差となった。
 院内⑩村上はオフェンスリバウンドをとりシュートも決めた。AYAME⑬露崎の仕掛けに④西丸がノーマークになり右サイドからのレイアップを確実にきめ15―15。同点に追いついた。AYAME⑤高山も右サイドの力強いドライブインを見せた。両者とも自分たちの攻め方で、よいタイミングでシュートを打ちまたDFも集中している。しかし、残り2分でAYAMEはシュートファウルをもらったものの2本入らず、その後のミドルも落としてしまう。
 院内⑩村上の強いリバウンドからリズムを作る院内。④清水⑩村上とパスがまわり④清水がミドルシュートを決め、また、インターセプトした⑩村上のレイアップが続けて決まり21―15。院内リードで前半終了。
 後半3Q、AYAMEはスクリーンを多用してインサイドで攻めたいが、院内DFはファイトオーバーで中には入れさせない。よってAYAMEは外角からシュートを打つが、院内がリバウンドをとり、早いパス回しからチャンスを作る。院内はアウトサイドもインサイドも攻撃が多彩だ。院内⑦猪口がスタートの早い⑥安山へアシストパス。確実に速攻を決め、点差が開いていく。3Q終了時28―17。院内リードで最終Qへ。
 4Q、院内⑩村上のペイントエリア内のシュートを入れば、AYAME⑬露崎から④西丸のミドルが決まる。院内は落ち着いたパス回しから⑤井口がドライブイン。ファウルを誘い加点する。AYAMEはドリブルスクリーンを多用するが、院内はそれをかわしDFは堅い。ここでAYAMEはタイムアウトをとって修正をはかり、⑥宮野⑬露崎のシュートが決まったが、反撃もここまで。37―25で試合終了。4Qは互角の戦いであったが、終始リードしていた院内が見事な勝利を収めた。決勝戦として見ごたえのある非常に内容の濃い試合であった。
 (千葉市バスケットボール協会 佐野朋子)
 ◇準決勝
院内MBC  44(22-11 22-8)19 千葉RF   
男子準決勝第1試合は院内MBCと千葉レッドファルコンズ(千葉RF)の対戦となった。
 1Q、院内ボールでスタート。序盤は一進一退の攻防が続き、試合開始1分48秒経過、ようやく院内⑥のジャンプシュートで得点が動く。その後、院内は⑤⑥⑦で加点。一方の千葉RFは先制を許した直後に⑨がすぐに返し⑦のフリースロー、⑨のジャンプシュートなどで加点。6―5、院内1点リードで1Q終了。
 2Q、院内は小さく守り広く攻める。④のジャンプシュート、レイアップシュート、⑩のゴール下などで確実に加点していく。千葉RFはゴール下に入り込み、追従したいが院内DFを崩しきれず外角のシュートで応戦。⑤⑩の右0度のミドルシュートで加点するも、22―11と院内が点差を広げて前半終了。
 後半3Qは千葉RFボールでスタート、⑤⑧のミドル、⑨のロングシュートなどで加点するも院内のDFを崩せずインサイドで勝負が出来ない。院内は広く攻めて小さく守る。DFは終始インサイドの攻めはさせずオフェンスはペイントエリアから④⑩で加点、また⑥のワンマン速攻、ジャンプシュートなどで加点し36―17と院内がさらに点差を広げて最終Qへ。
 4Qは終始、院内ペースでゲームが動く。スペースを作りしっかり④⑩で加点してくる。④の0度からのジャンプシュートに加え⑩の外角からのシュートも決まる。千葉RFも必死に食い下がるなか、⑥がゴール中央を切り裂いてようやくゴール下のジャンプシュートを決めた。その後、少しずつだがインサイドへ入り込むチャンスが生まれ、ゴール付近でのシュートを打てる形になったが、ここでタイムアップ。安定した攻守で終始、自分たちのペースでゲームを支配した院内が決勝戦に1番乗りを果たした。
 (千葉市バスケットボール協会 鈴木圭) 
AYAMEK 40(20-20 20-17)37 千城北
フェルターズ 1Q、AYAMEボールから試合開始。⑬→④→⑤とパス回しが早い。オフェンスリバウンドを取った⑬が0度からドライブシュートでファウルをもらい、しっかり2本とも決め先取点。対する千城北⑰はロングシュートで得点。その後も千城北は④がコントロールし⑦がドライブシュートなどで果敢に攻めていく。千城北④の0度からのドライブシュートなどに、AYAME④が続けざまにファウルをしてしまう。
 残り1分、コミッショナーから千城北に対し「ビジョンが切れている」との指導が入る。その後、千城北④がAYAME⑬よりファウルを受けるも落ち着いてフリースローを2本決め、6―12と千城北が6点リードで1Q終了。
 2Q、千城北ボールからスタート。長身⑤にボールを集め、点差を広げようとするが、AYAME⑦が2人抜くドライブシュートや⑭が45度からのドライブシュートで追い上げていく。たまらず千城北はタイムアウトを取る。修正を掛けるが、AYAME⑦⑭は自分でシュートを打ち、自分でリバウンドも取り加点するなど勢いが止まらない。AYAMEは同点のチャンスに⑥も慎重にミドルシュートを決め20―20で前半終了。
 後半3Q、AYAMEボールからスタート。相変わらず早い展開のパス回し、早々に⑦がミドルシュートを決め逆転した。千城北⑧も0度からミドルシュートを決めるなどシーソーゲームとなる。千城北⑤のゴール下は強く、エンドセットプレーでは確実に加点。AYAME⑥もロングシュートで応戦。またもや29―29と同点で最終Qへ。
 4Q、千城北ボールからスタート。⑥や⑧が0度からミドルシュートで4点リード。しかし、千城北に対し再度ミッショナーから赤旗2回目の指導が入り、テクニカルファウル。AYAMEにフリースローを与え⑬が2本決める。AYAME⑦が加点したかと思えば千城北⑥もドライブシュート。1点リードの千城北は点がなかなか動かず、④がファウルアウトしてしまう。残り1分を切り、AYAME⑬がドライブシュートで強気で攻め、⑦が勝利を決めるシュートが入り40―37とAYAMEが決勝戦への駒を進めた。
 (千葉市バスケットボール協会 高倉典子)
 ◇準々決勝 院内MBM42―20リトルファイブ幕張▽千葉レッドファルコンズ43―29さつきが丘ハイスピリッツ▽千城北フェルターズ43―37作新ベアーズ▽AYAME KIDS38―26都賀ビクトリーズ

2018.12.12

2018JFEちばまつり少年軟式野球大会Ⅰ部決勝

  2018JFEちばまつり少年軟式野球大会Ⅰ部決勝が10月21日、市原市のJFE犬成球場で行われ、誉田ベアーズがあすみが丘ゴールデンスターズの追撃を1点差で振り切り優勝した。

Ⅰ部決勝に先がけ10月13日、緑区の平川球場で行われたⅡ部決勝は、泉谷メッツがミヤコリトルベアーズに完封勝ちで優勝を飾った。同大会はⅠ部に19チーム、Ⅱ部に14チームが参加。6月16日に開会式が行われ、大森フライヤーズ主将・奥山大馳君の選手宣誓で熱戦を繰り広げた。

 【Ⅰ 部】 
◇1回戦 
平川ファイターズ11―1高根ニュースターズ
土気グリーンウェーブ10─0小倉台ライガース
大森フライヤーズ10─1作草部・松ヶ丘
◇2回戦 
みつわ台スラッガーズ7―4平川ファイターズ
ミヤコリトルベアーズ11―3新宿マリナーズ
今井ジュニアビーバーズ14―4都賀ジャガーズ
誉田ベアーズ10─3土気グリーンウェーブ
大森フライヤーズ5―0桜木ライオンズ
あすみが丘ゴールデンスターズ9―4有吉メッツ
泉谷メッツ9―1稲荷スターズ
仁戸名ファミリーズ8―3院内イーグルス
◇3回戦 
ミヤコリトルベアーズ4―0みつわ台スラッガーズ
誉田ベアーズ4―2今井ジュニアビーバーズ
あすみが丘ゴールデンスターズ6―3大森フライヤーズ
仁戸名ファミリーズ5―2泉谷メッツ
◇準決勝
誉田ベアーズ6-1ミヤコリトルベアーズ  
あすみが丘ゴールデンスターズ10-2仁戸名ファミリーズ   
◇決 勝
誉田ベアーズ       1000211|5
あすみが丘Gスターズ   0000400|4
▽バッテリー=中藤大輔、寺本音奏、中藤大輔―関口港(誉)田原慶人、深谷俊介―佐久間翔空(あ)
▽2塁打=我妻日菜、比田勝信二(誉)
 ベアーズは1回表、1番関口が左前打を放つとすかさず盗塁2つを決め、3番寺本が初球をとらえ先制の右前打。幸先よいスタートを切った。再び試合が動いたのは5回。先頭8番荒木関匠、9番蜂谷章翔が共にカウント3B―2Sから四球をえらび、盗塁とパスボールなどで2、3塁とし、2番水落烈土の犠打、3番寺本の打球がエラーを誘い2点を加えて、じわりとリード広げた。
 4回までベアーズ先発中藤投手に打者15人で5つの三振を奪われ、4番佐久間の中前打(2回)9番松平宗大の内野安打(3回)6番香取彩花の左前打(4回)を生かせなかったゴールデンスターズだったが5回裏、先頭8番上野匠一朗が四球をえらぶと、9番松平の打球はエラーを呼び1番深谷の投前ゴロで無死満塁。ようやくつかんだ好機に3番坪田一真の右前打、5番初芝巧望の四球などで2点を返した。さらに2死満塁のチャンスが続き、6番香取の打球がエラーを誘い2点を加え、あっという間に逆転し、なおも満塁。振り返るとここであと1点取れなかったところに、ゴールデンスターズのツキがなかった。
 一方、ベアーズはこれで闘志に火がついたようだった。6回表、四球、盗塁の先頭5番石塚駿太を3塁に7番我妻が3B―2Sから同点の中越2塁打。7回表、エラーで出塁した3番寺本を2塁に4番比田勝がストライク1球を見送っての2球目を決勝打となる右中間2塁打を放った。両チーム持ち味を出し切り決勝にふさわしい試合だった。
 【Ⅱ 部】
◇1回戦
土気グリーンウェーブ17―7今井ジュニアビーバーズ
作草部・松ヶ丘8―6新宿マリナーズ
ミヤコリトルベアーズ23―0院内イーグルス
都賀の台レッドイーグルス9―7都賀ジャガーズ
大森フライヤーズ8―3桜木ライオンズ
泉谷メッツ13─1誉田ベアーズ
◇2回戦 
あすみが丘ゴールデンスターズ14―6土気グリーンウェーブ
ミヤコリトルベアーズ3―2作草部・松ヶ丘
大森フライヤーズ8―1都賀の台レッドイーグルス
泉谷メッツ8―0有吉メッツ
◇準決勝
ミヤコリトルベアーズ9-2あすみが丘ゴールデンスターズ  
泉谷メッツ9-2大森フライヤーズ
◇決 勝
泉谷メッツ         0120101|5
ミヤコリトルベアーズ    0000000|0
▽バッテリー=杉山晴哉、澤井珀、永濱遼―田宮悠真(泉)大学雄斗、石川大輝─笹原雄大(ミ)
 メッツは3投手の継投がぴたりとツボにはまり、リトルベアーズを7イニング、打者25人、許した安打わずか1本で完封した。先発杉山投手は2イニングを打者12、25球。被安打1本、2死球、4奪三振で無失点。2番手澤井投手は4イニングを投げ41球、打者13人。ことごとく凡打にとり1塁を踏ませなかった。最終回登板の永濱投手は先頭打者を四球で歩かせたものの、後続3人すべて凡フライに打ちとり15球で締めくくった。
 そのメッツは2回表、四球の先頭4番杉山を3塁へ進め6番高宮大知の3塁ゴロで先制した。3回表は先頭8番幾留漣が四球で出塁。ケン制失敗とワイルドピッチに助けられ3塁へ。9番稲冨太智、1番永濱の連続安打、3番田宮の遊ゴロで2点を追加。5回表に打順が戻り、四球の1番永濱が盗塁。3番澤井の中前打で3塁を踏み、ワイルドピッチで4点目のホームイン。7回表1死後、エラーで出塁の2番田宮が盗塁で3塁へ。3番澤井の遊ゴロで5点目の生還となった。
 リトルベアーズは、制球好調のメッツ投手陣の的をしぼれず、安打は2回裏先頭4番大学雄斗の中前打1本だけとさびしかった。しかし、この2回裏、大学と四球出塁の7番川村崇允の鮮やかなダブルスチールは小気味よかった。

2018.12.12

平成30年度千葉市中学校新人卓球中央大会

 

平成30年度千葉市中学校新人卓球中央大会が10月13日、中央区弁天の千葉公園体育館で行われた。大会には団体戦は男女共に予選ブロックを勝ち抜いてきた8校と千葉市夏季市民卓球大会でのベスト8以上の8校の計16校が参加し、個人戦は予選ブロックを勝ち抜いてきた32人と千葉市中学校総体で好成績を残したシード選手2人の計34人が参加した。

 団体戦決勝は男女共に緑区対決となった。男子団体戦では千葉市夏季市民卓球大会に続き同じカードの試合になった。おゆみ野南が圧巻の強さを見せ、誉田に3―0で勝利し優勝を飾った。女子団体戦はおゆみ野南と有吉が決勝まで勝ち上がり、有吉が3―0で優勝を飾った。また、決勝に駒を進めなかったベスト8以上の6校が県大会出場を賭けた2ndステージ(代表決定トーナメント)に進んだ。男子は稲毛と幕張が県大会出場を決め、女子は生浜と稲毛が県大会(12月8日、成田市体育館)出場を決めた。
 男子シングルスは千葉市中学校総体で優勝した七尾(有吉)、女子シングルスは同中学校総体で準優勝した梅津(有吉)が優勝を飾った。
 【男子団体】
 ◇準決勝 おゆみ野南3―1高洲一▽誉田3―2幕張
 ◇決 勝 おゆみ野南3―0誉田
 ◇2ndステージ準決勝 稲毛3―0高洲一▽幕張3―0松ヶ丘 ◇同決 勝 稲毛3―2幕張
 〈男子団体戦最終順位〉
①おゆみ野南②誉田③稲毛④幕張
 【女子団体】
 ◇準決勝 有吉3―1千葉大付▽おゆみ野南3―1幸町二
 ◇決 勝 有吉3―0おゆみ野南
 ◇2ndステージ準決勝 生浜3―0幸町二▽稲毛3―2千葉大付 ◇同決 勝 生浜3―2稲毛
 〈女子団体戦最終順位〉
①有吉②おゆみ野南③生浜④稲毛
 【男子シングルス】
 ◇準決勝
七尾(有吉)3―0五野(蘇我)▽歌田(千城台南)3―0久保木(星久喜)
 ◇決 勝
七  尾 3―0 歌  田
 【女子シングルス】
 ◇準決勝
 梅津(有吉)3―0杉(生浜)▽小崎(蘇我)3―2武藤(生浜)
 ◇決 勝
梅  津 3―0 小  崎
 男子シングルス上位16人は12月9日、成田市体育館で行われる中学生新人大会に出場する。
 (千葉市中学校卓球専門部 誉田中 葛岡良貢)

2018.12.12

千葉市レディースソフトテニス協会の秋季団体戦

  

 千葉市レディースソフトテニス協会の秋季団体戦が10月2日、中央区青葉の森スポーツプラザ・テニスコートで行われた。Aブロック、Bブロックに分かれての入れ替え戦である。Aブロックには4クラブ、Bブロックには幸町・貝塚中央・京葉クラブが連立を組んで出場し、今年の団体戦は全クラブの出場となった。

 熱戦の結果、花見川クラブがAブロックで初優勝、Bブロックでも優勝した。
 【Aブロック】
 ①花見川クラブ②天台クラブ③ふたばクラブ④明日香クラブ
 【Bブロック】
 ①花見川クラブ②幸町・貝塚中央・京葉クラブ③ふたばクラブ④千城小倉クラブ⑤天台クラブ⑥こてはし台クラブ⑦花見川クラブB⑧ふたばクラブB
 (千葉市レディースソフトテニス協会 副会長 今西敏子)

ブログ内検索

ページトップへ